婦人

数多のクリニックで受けられる刺青除去|社会的に不利なファッション

二重まぶたの美容整形

医者

福岡の美容外科クリニックで人気のプチ整形が埋没法です。埋没法は二重まぶたを糸で縫って作る、切らないプチ整形です。切開しないので気軽にできるのが魅力です。手術をしたあとはまぶたが腫れますが、腫れない埋没法もあります。

詳細を読む

2つのレーザー

ウーマン

美白ブームに伴ってほくろが目立つようになってくるため、医療機関でほくろ除去をする人が増えてきています。そのとき使われる治療用レーザーは、肌の表面を削るタイプとメラニン色素を分解するタイプの2種類があります。

詳細を読む

刺青に関する知識

タトゥー

刺青の現状

体に刺青が入っていると、社会的な不利益を被る場合があります。それは刺青が従来、ある特定の人たちが入れるものだからなのですが、近年は特定の人ばかりではなく、ファッションとして刺青を入れている人も多くいます。しかし、ファッションだとしても刺青は刺青ですので、やはり社会的な不利益を被ってしまうのです。従って、もし、これから刺青を入れるつもりでいるのならば、安易に入れるのではなく、先々のことまで考えた上で入れるべきです。もっとも、美容クリニック等では刺青除去治療を行っていますから、刺青除去は可能です。前述したとおりの現状ですので、刺青除去治療の需要は多く、それに伴い、刺青除去治療を行っている美容クリニック等は数多くあります。社会的に不利なファッションですので、しっかりと考えていきましょう。

受診先選びは慎重に

刺青除去治療の方法はレーザー、切除、植皮、剥離の4つです。レーザーは、レーザー光によって刺青を消失させる方法です。但し、刺青の色によっては消失できない場合もあります。しかし、最新の高性能な機器ですと、従来よりも多くの色に対応できるようになっています。切除は刺青が入っている皮膚を切り取る方法で、植皮は他の場所の皮膚を移植する方法です。切除と植皮は共に、傷跡が残ります。但し、切除や植皮後、新たな治療を施せば、傷跡を消すことは可能です。剥離は、刺青が入っている皮膚を削り取る方法です。剥離は、4つの方法の中で最も困難な方法であり、医師の高度な技術が必要となります。以上のことを踏まえると、刺青除去治療を行っている美容クリニックは数多くあれど、どこで治療を受けても良いというわけではないということが分かるはずです。刺青除去治療は設備も医師も充実している、実績が豊富なところで受けるべきです。

ニキビを完治させる施術

整形

治りにくいニキビ跡を完治させるには、美容整形のレーザー治療が最適です。レーザーは肌の代謝促進、コラーゲン産生、毒素排出などの作用があり、肌質そのものを変えていきます。美容整形はレーザー以外の治療も用意しており、症状に応じて複合治療を受けることもできます。

詳細を読む